空気の乾燥や暖房機の使用などで、火災が起きやすくなる季節です。

火災警報器設置義務化から10年。
古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため危険です。

火災警報器を設置した時に記入した「設置年月」、本体に記載されている「製造年」をご確認ください。

冬は火災に気をつけましょう。
お問合せ ベスト電器FC酒見電機
電話 0790-42-0850